発毛治療にかかる費用について詳しく解説します

男性によく見られるAGAはクリニックに頼ることによって、発毛治療を受けることができます。とても効果の高い治療薬を用いたり、最新の高度な施術を受けることで見た目が改善されますので、精神的に楽になるメリットを持っています。治療を受ける際に気になって来るのが費用に関してですが、一般的なAGA治療は保険適用外ですから、クリニックが独自の基準で自由に治療費を設定できるようになっています。とはいえ、あまりにも高すぎると患者が利用しづらくなってしまいますので、大体の平均的な相場が決まっています。治療方法の選択によっても、随分と治療費が変わってくるのが特徴です。高度な機器や技術が必要なものほど、当然ながら費用が高くなりますから、慎重に選ぶ必要が出てくるでしょう。

治療薬の成分の種類によって費用が異なる

AGAの発毛治療で標準的によく利用されているのが治療薬です。内服薬と外用薬が存在します。症状の進行を抑えるフィナステリド成分の内服薬が有名ですが、約1ヶ月分で7500円程度が相場です。最新のデュタステリド成分が使われる内服薬であると、約1ヶ月分で9000円前後となります。両者とも似たような作用がありますので、いずれか1種類を使うのが普通です。発毛治療を高めるために、ミノキシジル成分の治療薬を併用することが多いですが、外用薬だと約1ヶ月分で7500円程度が目立ちます。内服薬だと価格が高くなり、1万円を超えるのが一般的です。フィナステリド成分の治療薬としてジェネリック医薬品が最近登場するようになり、これを使えば6000円前後の安い費用で済むメリットがあります。

自毛植毛は高額だが効果は絶大!

発毛治療で最も高い費用がかかりやすいのが、自毛植毛と呼ばれるものです。費用は高額でもたった1回の施術で終わらせることができるほど、強力な効果を持っています。自毛植毛では移植する毛の量によって違ってきます。200~600株の移植だと、20~80万円くらいが相場です。500~1500株までだと60~200万円ほどかかってきます。薄毛の範囲が広いほど高額で、100万円を超えることが少なくありません。治療薬と自毛植毛の中間くらいの立場として、メソセラピーが存在します。頭皮から注射器などを用いて、有効成分を直接毛根部分に注入する方法です。1回あたり2万円だと比較的安い方です。コースで契約すれば半年で10万円を超えてくることが珍しくない状況です。それぞれの治療費に加えて、初診料や検査料などが発生します。