発毛治療のメリットとデメリットを紹介します

進行性の男性型脱毛症は、早めに治療を開始するほど、発毛治療の効果が高まります。若い男性でも発症する例が少なくない症状ですから、まだ若いからと油断せずに、できるだけ早く専門的な病院で治療を開始したいところです。ですが、治療を受ける際にはメリットばかりが強調されがちです。メリットがあることには間違いありませんが、同時にデメリットを抱えていることを承知の上で治療を受ける必要が出てきます。一人で判断するのが難しいなら、ネットや書籍で情報を集めてみたり、まずは無料カウンセリングでお医者さんから直接話を伺ってみるのがよいでしょう。治療方法によってもメリットとデメリットが違ってきますから、治療方法の選択にも多大なる影響を及ぼします。知識を身につけて、リスク回避を目指してください。

ホームケアよりも高い改善効果が得られやすい

薄毛対策の市販品として育毛剤が大変有名で、多くの人が利用しています。しかし、市販品の育毛剤の殆どが治療薬ではなく、医薬部外品や化粧品に分類されています。薄毛予防ができても成分の量が少なすぎることから、直接的な発毛治療は難しいのが現実です。病院で治療を受けると、お医者さんがきちんと検査を行い、患者それぞれに最適な治療法や成分を使ってくれます。効き目の強い治療薬を処方してくれるため、ホームケアよりも遥かに確実性が高いというメリットを持っています。市販薬の育毛剤の中には、病院で処方されている薬の成分が含まれている優れた商品が存在するものの、1種類の成分しか配合されていないため、効き目が限定的になってしまいます。病院ならば様々な有効成分を組み合わせながら治療をしてくれます。

費用が高く副作用や傷跡のリスクが存在

頭皮に関わる症状ですから、皮膚科や皮膚科を兼ねた薄毛の専門病院で治療を受けることになります。明らかに病気が原因であれば保険診療が可能なものの、見た目を変えることを希望する発毛治療の場合だと、殆どの例で保険診療外の治療を受けなければなりません。100%自費になるため、大変高額な治療費がかかってしまうのがデメリットです。男性型脱毛症の治療薬は継続して使わなければ効果が薄れてしまう特徴を持っているため、通院回数が多くなりがちで、同時に費用が膨らんでいきます。治療薬には副作用のリスクがありますから、体質によっては体調を崩す心配があります。自毛植毛であれば1回の手術だけで発毛治療が終了しますが、100万円を超える高額な費用がかかることも珍しくなく、手術方法によっては頭部に傷跡が残るリスクを持っています。